押さえておくべき家族葬関連知識

家族葬は、家族とごく限られた親族だけでとり行う小規模な葬儀のスタイルで、ご近所の方々や故人の仕事関係の方々は基本参列しない、その名の通り「家族だけの葬儀」として、近年注目を集める選択肢です。ひと昔前であれば、自宅を葬儀会場として葬儀業者が準備設営を行い、近隣の方々や遠方の親族や知人友人、さらには会社関係の方々が訪れるなど、一定の規模のお葬式が一般的でした。ですが昨今の住宅事情や人と人との距離感、さらには故人の生前の希望を可能な限り尊重したい家族の意向などから、限られた人達だけで故人を見送る家族葬に注目が集まる傾向がみられています。

こうした世の中のニーズに対応すべく、家族葬向けの葬儀会場や施設も増加しており、お葬式関連の宣伝などでも「家族葬」の三文字を目にする機会も増加を続けています。言葉としての露出の頻度の高まりから、漠然と「お葬式のスタイルのひとつ」と認識していますが、さらに踏み込んで、具体的に説明できるのか、正しく深く理解しているかと問われれば、全ての方々がその限りではないのも現実です。

そして非常に残念な現実として、お葬式にまつわる数々のトラブルの事例も少なくありません。故人が逝去したことを知らせたくない存在もあれば、必ず知らせるべき相手も存在します。一方知らせがなかったことが発端となり、そこから新たな人間関係のトラブルへとつながってしまう、知らせを受けた遠方の参列者への諸々の負担など、考えるべきポイントは少なくありません。さらには費用面という遺族にとって大きな現実問題が絡んでくることがお葬式であり、家族葬という選択肢が、こうしたリスクに対して果たしてどうなのか、早い段階で冷静に検証しておく作業は無駄ではありません。

自分達のライフスタイルの変化から、かつてのような一般葬儀よりも、家族葬を選択されるご家族の比率は、着実に増加を続けています。その理由として、小規模なお葬式イコール、費用面の負担の軽減が真っ先に想定されがちですが、それだけがメリットとは限らず、同時に懸念されるデメリットの部分も予想しておく必要があります。後々になってトラブルが生じてくるケースが少なくないのもお葬式という儀式の特徴であり、そのリスクは家族葬にも当然想定されます。家族葬の選択に際しては、正しい基礎知識を家族間で共有し、実際のお葬式の流れをシミュレーションしてみる、然るべき葬儀業者を確保しておくなどの備えが大切です。

新着情報

2019年08月01日
ホームページを更新しました。